ファミリーレストランチェーン、サイゼリヤが、2019年9月までにすべての店舗で原則、全席禁煙へ

11月27日のニュースで、ファミリーレストラン大手の「サイゼリヤ」が
2019年9月を目標に全店舗で全席禁煙にする方針であることを
明らかにしました。
今回のこの措置は、厚生労働省が東京五輪・パラリンピックが開かれる
2020年までに受動喫煙対策を強化することに対応したもの。

サイゼリヤの2017年8月末現在での禁煙状況は、展開している
国内1057店舗のうち、半数以上が分煙で全席禁煙の
店舗はほとんどない、とのこと。
今後はテーブルで喫煙できなくなる見込みで、店内に喫煙室を
設ける場合もあるそうです。
そして、来年2月以降に出店する店舗には喫煙席を設けず、
今ある店舗には年明け以降、喫煙席をなくす改装工事が
検討されているそうです。

外食業界ではマクドナルドが2014年から全店舗での禁煙を
実施しているのをはじめケンタッキー・フライド・チキンも
実施を決めるなど、禁煙の動きが広まってます。

この世間の禁煙化は時代の流れです。
喫煙者はタバコを吸う権利を主張するのではなく
自身の禁煙を検討するのが正しい対処だと思います。


続きを読む

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

過去ログ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。