Top > プロ野球 >TBSラジオのプロ野球中継が今年度で終了することが正式発表。66年の中継の歴史に幕

TBSラジオのプロ野球中継が今年度で終了することが正式発表。66年の中継の歴史に幕

スポンサーリンク


9月に報道されたTBSラジオのナイター中継撤退が正式発表

11月29日、TBSラジオの入江清彦社長が定例会見の席で
プロ野球中継を今年度で終了することを発表しました。

TBSラジオのプロ野球中継終了は9月に一部週刊誌が
報道し、9月27日に行われTBSた武田信二社長の定例会見に
入江清彦TBSラジオ社長が同席し、『現段階で対外的に発表できる結論は
出ていません。年内には発表できたらと思っています』と答えていた案件。
結果として週刊誌の報道が正しかったことになってしまいました。

「エキサイトベースボール」のタイトルで今シーズンは火曜から
金曜まで行われていたTBSラジオのプロ野球中継が初めて行われたのは
1952年のことで、1958年からナイター中継がレギュラー化されました。
放送される試合の8割は巨人戦で、週末にデーゲームが開催されることが
増えてきたために中継から撤退。現在のスタイルで中継が行われてました。


スポンサーリンク

プロ野球のシーズン中は夜の時間帯をナイター中継を軸にした
編成にすることが一般的な、AMラジオにあって今回のTBSの中継撤退は
異例の決断。会見の席で社長は
『新しいレギュラー番組を開発・編成し、今ラジオを聞いていない
新規リスナー獲得を強く目指すことを選択しました』
と中継撤退後に向けて語ってくれました。
今後、どのような番組がスタートするか、
TBSの来年度の編成は他局も気になるところとなりましたね。

熱戦が期待できるポストシーズンの試合の中継は?

記憶に新しい、今年の日本シリーズの熱戦ですが
入江社長は
『いいとこ取りだけはしない。TBSラジオはすべてのプロ野球中継から
撤退するということです』と語ってくれました。

ラジオのナイター中継は、日本の夏の当たり前の情景と
なってましたが、来年からは夏の夜の楽しみも
大きく変化するかもしれません。

中継局が減ることは寂しいですが新たな楽しみが増える、
と前向きにとらえたいですね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ

過去ログ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。